協会について - コミュニケーション資格講座・検定|コミュニケーション 能力認定協会

ホーム > 協会について

協会について

事業内容

当協会は以下の目的達成のため活動を行います。

●「日本人のコミュニケーションに対する意識と能力の向上」
 ⇒「実践・体験型」のコミュニケーションカリキュラム「コミュニケーション能力認定講座」の
   開催と普及、資格の発行
 ⇒「コミュニケーション能力認定講座」カリキュラムを指導する人材の育成


●「国内、海外を問わず、教育現場や教育に携わる人々の活動支援、活動資金の援助」


 ⇒人材育成(トレーナー育成)の活動を通じて、携わる1人1人の人間性の成長と活動を支援
 ⇒大人だけの学びではなく、未来の視点は学校教育のカリキュラムとして、子供たちの学びへ



設立の背景


「コミュニケーションが社会、そして人生を変える」


【 時代背景 】
ここ10年間で携帯電話やコンピューター、そしてインターネットの普及という、
いわゆる IT (情報技術)が大きく進歩しました。
世界は大きく広がり、多くの人々が容易に多彩なコミュニケーションを行うことが可能になる。
それは素晴しい時代だとも言えます。

その反面、人と人との繋がりや関係性、コミュニケーションが希薄になりつつあるという現状を、
誰もが感じていることでしょう。
家族同士の会話は減り、そしてどの様に自分の気持ちを伝えればいいのかがわからない。

少しずつ生まれた「歪み」は、社会全体を覆い始めています。


ついに「7人に1人が一生のうちに1度はうつ病になる可能性がある」と言われる時代に
なりました。仕事に関して強いストレスを感じている労働者は6割を超え、
彼らが感じるストレスの最も大きな原因が、「職場の人間関係」と答えています。

この原因には、年功序列の崩壊、世代間での常識のずれ等から生ずる

「コミュニケーション」の不足・不安が大きく関わると同時に、改善する手段も
「コミュニケーション」に依るところが大きいと言えます。


さらには学校教育の場でもコミュニケーションの不足・不安が懸念されています。
いじめや不登校、学級崩壊、そして生徒との向き合い方がわからない教職者の苦悩。
そして家族の人間関係に起因する家庭問題が複雑に絡まり、
確実に子供達へも影響が広がっているのです。

これらの問題を、他人事ではなく、社会全体のものと感じられたのであれば、
すぐ先の未来がどんなに不安に満ちたものか、容易に想像できることでしょう。


協会概要

名称 日本コミュニケーション能力認定協会
(英文名:Japan Communication Ability Association)
発足 2008年10月
運営事務局 株式会社シンクロニシティー内に置く
主要役員 理事 中田 珠麻実 ベネシス教育研究所代表
理事 平 美和 リンク・ラボラトリィ代表
所在地 東京都千代田区神田錦町3-18-3 錦三(キンサン)ビル 4階
>>アクセス、地図はこちらをご覧ください
講座・カリキュラム監修 一般財団法人 日本教育推進財団
会員種別 本会の会員は以下の3種類とする
・一般会員(資格取得者)
 本会の開催する講座を受講し資格を取得した者のうち、所定の
 申込方法により申し込みを行った者とする。(入会は任意とする)
・法人会員
 本会の活動趣旨に賛同し、かつ所定の手続きに同意した者とする
・賛助会員
 本会の活動趣旨に賛同し、かつ所定の申し込み方法により
 申し込みを行った者とする
  • 人間関係が変わる!講座資料 無料ダウンロード。人間関係を変えたい方は、今すぐ資料をチェック
  • 人前で話す苦手意識を克服する!話し方・プレゼンテーション入門講座
  • 体験者の声
  • Facebook公式ページ

決済について

講座、セミナーのお申込みは、銀行振込みとクレジットカード決済がご利用頂けます。 もちろん、分割もリボ払いも可能です。
※クレジットでのお支払回数
(1・3・5・6・10・12・15・18・20・24)
ご利用可能なクレジットカード

SSLについて

本サイトでは、SSL(SecureSocketLayer)による
暗号化と、comodoによるサーバー認証により、高い安全性を確保しております。