2023/12/29

洞察力とは?洞察力の高め方7選をわかりやすく徹底解説

洞察力とは?洞察力の高め方7選をわかりやすく徹底解説

状況の変化にすぐに対応できる人や、
何かが変わったことによく気づく
「洞察力の高い人」ってたまにいますよね。

本記事ではビジネスシーンで
必要不可欠な洞察力について
高めるメリットや鍛え方をご紹介します。

1.洞察力とは?

洞察力とは?

洞察力とは、本質を見極める力と言われています。世の中で成功している人の多くは洞察力が優れています。

1-1.洞察力と観察力の違い

洞察力と類似する言葉として「観察力」というものがあります。まず初めに、洞察力と観察力の違いについてご紹介していきます。

観察力とは表面的なものを見て分析する力です。

また洞察力はとは見えない部分である裏側や本質を見極める力であり、観察力は洞察力の構成要素の1つという捉え方もできます。

洞察力を磨くために観察力を鍛えることもおすすめです。

2.洞察力を高めるメリット

洞察力を高めるメリット

洞察力を高めることによって様々なメリットがあります。今回はその中でも代表的なものを4つご紹介していきます。

2-1.コミュニケーション能力の向上

コミュニケーション能力が高いと、相手の伝えたいことを正確に把握することができるため、会話に齟齬が生まれにくく、より円滑に会話を進めることができます。

また相手の立場に立てるため、相手に合わせたコミュニケーションを取ることも可能になります。

2-2.問題解決力の向上

洞察力を高めることは問題解決能力の向上につながります。

例えば何かトラブルが起きた際に、洞察力が高い人は問題の本質を見極めてすぐに対応をすることができます。またこれだけではなく、全体の流れなども見れているため、適切な状況把握をし解決策の提案をすることも可能になります。

2-3.リスク管理能力の向上

状況の変化に気づくことができるため、予測できる問題や対応を事前に準備することができます。これによりリスク回避をすることができ、業務においてもトラブルによる余計な作業を減らすことにもつながります。

2-4.視座が高まる

さまざな視点を持つことができるようになるため、自分という主観的な視点から、上司や仕事ができる人の視点で物事を判断できるようになります。

仕事ができる人は自分のポジションだけではなく、1つか2つ上の役職の人の目線からも業務を見る力があるため、先回りや対応などを正確に行うことができます。

以上が代表的な洞察力を高めることで得られるメリットです。

洞察力を高めることは、ビジネスシーンのみならず、日常生活でも活かせることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

3.洞察力が高い人の特徴7選

洞察力が高い人の特徴7選

ここからは洞察力が高い人とはどのような特徴があるのかをご紹介していきます。

  • ①分析力が高い
  • ②対応力が高い
  • ③理解力が高い
  • ④豊富な知識や経験を積んでいる
  • ⑤直感力が高い
  • ⑥過去を振り返る習慣がある
  • ⑦多角的な視点を持っている

3-1.分析力が高い

洞察力が優れている人は分析力が高いです。特に日頃から人の動きや仕事の変化などを観察する習慣がある人は分析力が高い傾向があります。

また、ただ見える部分から物事を判断するのではなく、その裏にある意図を見抜く力も身につけています。

3-2.対応力が高い

洞察力が高い人は物事の本質を見抜く力が高いため、トラブルが発生した際も適切な処置を行うことが可能です。また物事の先回りをして対応をすることもできるため事前にミスを避けることにも繋がります。

3-3.理解力が高い

洞察力が高い人は、理解力が高い傾向があります。特にコミュニケーションにおいて相手の伝えたい内容を正しく捉えることができ、それに応じた行動ができるため無駄なやりとりなどを少なく、最小限で会話を済ませることができます。

3-4.豊富な知識や経験を積んでいる

洞察力が高い人は知識や経験が豊富です。特に様々な経験を積んでいると状況判断の材料になるため、適切な対応が可能になります。

3-5.直感力が高い

直感力が高い人は洞察力が高いです。今までの経験や知識から瞬時に必要な情報を考え出し、意見を出すことができます。これはただ何も考えずに発言しているのではなく、洞察力が高い人は、根拠を持って直感的な意見を言っていることが多いです。

3-6.振り返る習慣がある

振り返りの習慣がある人は、洞察力が高いと言われています。理由として、過去の失敗やうまくいった原因などを振り返ることで、次に活かせるようにするためにはどうするべきかを考えているからです。

状況は様々ありますが、成功のパターンや事象が起こった原因を振り返ることで思考力が深まっていきます。

3-7.多角的な視点を持っている

自分からの主観的な視点だけでなく、多くの視点から物事を見ることが重要です。そうすることで物事の本質を見極めることができます。

4.洞察力の鍛え方7選

洞察力の鍛え方7選

洞察力は誰にでも鍛えることができ、日々の積み重ねで大きな変化を得ることが可能です。

  • ①クリティカルシンキング
  • ②ゼロベース思考
  • ③ポジションチェンジ
  • ④物事の背景を知る
  • ⑤情報収集を欠かさない
  • ⑥洞察力が高い人を真似る
  • ⑦経験の記録

4-1.クリティカルシンキング

「クリティカルシンキング」とは批判的思考とも言い換えることができます。

ただ批判をするのではなく、建設的な議論をするために、敢えて批判的な視点をもって進めるこも重要です。クリティカルシンキングを鍛えることで主観的な視点から広い視点で物事を判断できるようになります。

4-2.ゼロベース思考

ゼロベース思考は洞察力を高める上でとても重要な要素の1つです。

人生の中でさまざまな経験を通して思考が積み重ねられます。その中で少なからず、固定観念や思い込みというものがあると思います。これらに囚われず、物事を判断することで本質が見えてくるかもしれません。

最初から「無理だ」「できない」というような思考ではなく、「どうしたらできるだろうか」「何か別の方法はないか」このように考えて見ることをおすすめします。

ぜひゼロベース思考を学んでみてください。

4-3.ポジションチェンジ

物事の本質を見極めるために、多角的視点やゼロベース思考といった客観的な視点を持つことは非常に大切です。

しかしこのような視点を養うために書籍や動画で学ぶだけでは難しいのではないでしょうか。これは実践を通してより身につけやすくなります。

日本コミュニケーション能力認定協会では、この視点を鍛えるために実践心理学で使われるポジションチェンジという実践形式のトレーニングを行っています。

ポジションチェンジとは

  • ・自分から物事を見る視点
  • ・相手の人から物事を見る視点
  • ・上記2人に関係ない第三者の視点

これら3つで物事を見るトレーニングを行うことです。

ポジションチェンジを行うことで、自分だけの視点から、多角的な視点で物事の本質を判断できるだけでなく、相手の立場に立った会話を行えるようになるため、コミュニケーション能力の向上にも繋がります。

ぜひ洞察力をさらに高めたい方は実践してみてください。

4-4.物事の背景を知る

物事の本質を見極め、洞察力を高めるためには物事の背景を知ることがとても役立ちます。

例えば、業務や仕事の工程など自分が携わっていない分野のものを知ることで全体の流れを把握することができます。またチームなど仕事でうまくいっているときに、誰がどんな動きをしているのかを観察し裏側を知ることで、うまくことが進む要因を理解することができます。

ぜひ、「どうしてこのような結果になったのか」や「なぜこの人はこのような発言をしたのか」など意図を推測する習慣を身につけて見てください。

4-5.情報収集を欠かさない

洞察力を高めるために、普段からの情報収集も必要です。

物事の本質を見抜くためには、判断をするための材料をどれくらい持っているかで左右されます。判断するための材料が多いことで損することはないでしょう。そのため書籍やニュースを見て情報を集めてみてください。

その際によくありがちなことは、自分の好きな分野のみをつい調べてしまうことです。

これではあなたの知識の幅を広げることはなかなか難しいかもしれません。そのため普段、見ないような情報を調べてインプットすることであなたの視点の幅も広がり、本質を見極めるための能力は徐々に身についてくるでしょう。

4-6.洞察力が高い人を真似る

洞察力が高い人を真似ることもとても役立ちます。

身の回りに洞察力が高いという方がいらっしゃらないかもしれません。その場合は、洞察力の構成要素でもある、広い視野をもっている人や理解力が高い人、正確なコミュニケーションができる人などを真似てみてください。

行動を真似ることで、思考のパターンや考え方などを気づくことができます。

4-7.経験の記録をする

普段の経験を記録として残して、反省と対策を考えるようにしてみてください。そうすることで自分の思考や行動パターンを知ることができます。また同じ失敗を未然に防ぐことができるようになります。

以上、洞察力を高めるための方法を7つご紹介させていただきました。

5.最後まで読んでいただいたあなたへ

最後まで読んでいただいたあなたへ

ここまで読んでいただき、洞察力の高めるメリットや高め方をご紹介させていただきました。AIの発展や時代の変化により、「本質を見極める」力である洞察力の必要性が今まで以上に高まってくるでしょう。

ぜひ、洞察力の高め方を1つずつ実践して、身につけていってください。

この記事を書いているのは日本コミュニケーション能力認定協会というコミュニケーションについて学ぶだけでなく資格も発行しているスクールです。

経営者や管理職の方だけでなく、主婦や学生の方など幅広い層の方々が学びに来られています。

もしコミュニケーションをより高めたいという方はこちらも見てみてください。

【無料eBOOK】5つの秘訣で人間関係が劇的に変わる!
「人を動かすコミュニケーションの極意とは」

洞察力を高めるなど会社員が自分を磨く際には、失敗から学ぶことも大切です。失敗から学ぼう!会社員がスキマ時間で自分を磨く!では、会社員がスキマ時間で自分を磨き、稼ぐをコンセプトに、ブログを中心とした副業WEBビジネスの体験談やノウハウなどを発信しています。ご興味をお持ちでしたら、ご覧ください。

また、ワンダフルワイフでは、組織に依存しない強い個人を生み出すことで、現代における「生き方の最適化」を目指していきます。プログラミングスキルや動画編集スキル、デザインスキルなど、社会的に需要の大きいスキルを最短で習得するためのサービスです。

← 記事一覧に戻る

【eBOOK】今なら無料プレゼント
人間関係が劇的に変わる
コミュニケーション
『5つの秘訣』とは?

人間関係や仕事でうまくいく人と、そうでない人の
コミュニケーションには、どのような違いがあるのでしょうか?

この無料eBOOKは、両者の違いを探求して見出した、
コミュニケーションがうまくいっている人たちの
「共通点」や「秘訣」の一部をまとめたものです。

  • 部下やチームをもっとうまくまとめたい
  • 営業や接客・販売の成績をもっと上げたい
  • 人を巻き込む力・人を動かす影響力を身につけたい
  • 言いたいことが伝わらずに悔しい思いをしている
  • 家族や恋人との関係をもっと良くしたい

1つでも当てはまることがある場合は、
このeBOOKがきっとお役に立てることでしょう。

今すぐ下記からダウンロードして、ご活用ください。