コミュニケーション情報・統計 - コミュニケーション資格講座・検定|コミュニケーション 能力認定協会

ホーム > コミュニケーション情報・統計

コミュニケーション情報・統計

コミュニケーション能力(スキル)が8年連続1位 経団連~新卒採用に関する調査

約87%の企業が「コミュニケーション能力」を求める要素の第1位に。
 買い手市場の就職活動が続く中、意欲的に動く学生も多い


~経団連で2001年から行われている「新卒採用時に関するアンケート」より~

採用選考時に重視する要素の第1位は8年連続で「コミュニケーション能力」
今年度の傾向として、「主体性」「専門性」「一般常識」の注目度が高まる。


企業が選考にあたって重視した点を25項目から5つ回答する設問では、
「コミュニケーション能力」が8年連続で第1位となり、選択した企業割合は81.6%と
昨年度より5ポイント上昇した。


上位5位までの項目は例年同様であったが、順位では「主体性」が
昨年2位の「協調性」に10.3ポイントの差をつけて逆転した。


経団連調査「選考時に重視する要素」の上位の推移



売り手市場から買い手市場へ

就職採用市場に関する設問では、2004年度調査(2005年卒)から5年間続いていた
「売り手市場」評価が逆転し、64.1%の企業が「買い手市場」であったと回答、
「売り手市場」と回答した企業は2.8%にとどまった。

学生に対する評価では、「厳しい就職状況を認識して意欲的に動いている」といった見方がある反面、「危機感のあまり焦って目的意識を見失っている学生が多い」とする意見も目立った。

(経団連:新卒採用(2010年3月卒業者)に関するアンケート調査結果の概要より抜粋)


●関連情報「コミュニケーション能力が1位 朝日新聞社調査~新卒計画調査

http://www.ca-japan.org/news/news20100401.html


●コミュニケーション講座って何?まずはこちらのフォームから資料請求!
(PDFダウンロード)

http://www.ca-japan.org/catalog.html



コミュニケーション能力が1位 朝日新聞社調査~新卒計画調査

コミュニケーション能力が第1位に。
人物評価の傾向が一層厳しく ~朝日新聞社より 2010年新卒採用計画調査~


朝日新聞

朝日新聞社による、主要100社を対象に行った
2010年 春の新卒採用者計画調査で、
「コミュニケーション能力」が連続で1位に。


少ない採用だからこそ、より優秀な人材を見極めたい。
朝日新聞社による調査で、面接やグループ討論などで厳しく人物や能力を見抜こうとする企業の姿勢が浮き彫りになった。

厳しい就職戦線が見込まれる中、狭き門に臨む学生の就職活動はこれから正念場を迎える。

 

面接回数も時間も増

※調査は、採用で十四する点を選択肢から選んでもらう質問(複数回答)では、
「コミュニケーション能力」(74社)が1位。
前年に続きトップで、ここ数年傾向は変わっていないという。

ほかに「行動力」(71社)、「人柄」(28社)、「熱意」(27社)、「協調性」(23社)、が上位5位に入った。
一方、「学生時代の活動」は3社、「マナー」「語学力」「成績」はいずれもゼロだった。(グラフ参照)

「その他」の回答は11社で「プレッシャーに耐える精神力」(日立製作所)、
「チャレンジ精神」(大日本印刷)、「リーダーシップ」(日本通運)などが挙がった。

来年は引き続き厳選採用が続くと予想され、
企業側には人物や能力を慎重に評価しようとする傾向が強い。

採用で重視する点


「面接の回数、または時間を増やす」(キヤノン)、
「個人面接で学生一人ひとりをじっくりみる」(三菱電機)など、
ほとんどの企業が採用試験で面接を重視する。

「テーマを与えてのグループ討論」も浸透してきており、
帝人グループ、資生堂、トヨタ自動車などが実施する。
グループ討論でJTBグループは「討論で協調性や人柄、リーダーシップなどを見る」、
帝人グループは、「コミュニケーション能力、行動力、協調性を見る」としている。

イトーヨーカ堂、セブン‐イレブン・ジャパンなどは応募者全員を面接する。
イトーヨーカ堂の担当者は「なるべく多くの学生と会い、いい人材を探したい」としている。

中途採用については、前年度は93社で採用実績があったが、09年度は69社に減少した。
業績不振や不況の影響を受け、企業が中途採用を控えたためとみられる。

10年度の採用予定では46社が「ある」と回答したが、
「未定」も同数(前年度41社)あった。
今後の景気動向によって増減が見込まれる。

国は09年末から業界団体などに学生の積極採用を要請した。
この要請を、採用計画に反映させたかを尋ねた質問には
「反映できなかった」が29社で最多だった。「ある程度反映させた」が23社。
「反映させた」は12社にとどまった。未回答は31社だった。

反映できなかった理由として
「中長期の人員配置計画に沿って採用数を決めている」と
答えた企業が多かった。
(以上、朝日新聞紙面より)



●コミュニケーション2級講座(東京・大阪)の詳細は、こちらから
http://www.ca-japan.org/course2.html


●まずは資料請求!こちらのフォームからお申込み下さい。
http://www.ca-japan.org/catalog.html

就職・転職・スキルアップに!コミュニケーション2級講座

今、企業・社会が求める「コミュニケーション」を資格でアピール!
学校では教わらないコミュニケーションを実践的に学びます。
コミュニケーションの考え方が変わった、もっと早く知りたかったとの声が多数集まっています!

2級認定講座の詳細はこちらから