原 敏子|日本教育推進財団 認定コミュニケーション・トレーナー - コミュニケーション資格講座・検定|コミュニケーション能力認定協会

ホーム > 認定トレーナー紹介 > 原 敏子|日本教育推進財団 認定コミュニケーション・トレーナー

原 敏子|日本教育推進財団 認定コミュニケーション・トレーナー

原 敏子
・きずなLabo代表
・一般財団法人 日本教育推進財団
 認定コミュニケーション・トレーナー
・HSPカウンセラー
・TCカラーセラピスト
・メンタル心理インストラクター
・メンタル心理ヘルスカウンセラー
・2級ファイナンシャル・プランニング技能士
プロフィール

滋賀県出身
高校卒業後、種苗会社で10年間、交配作業やゲノム解析など品種改良に携わる。
出産を機に専業主婦になる。

療育施設、親の会、講座、セミナーなど、
子育てに関わるところに多く出向き、
子育てについて学びながら人脈を広げる。

2016年、コミュニケーション能力認定講座をきっかけにコミュニケーションを学び始める。
同年、保険会社に入社。

営業活動では、お客様との信頼関係を早い段階で築き、高い成約率につながる。
入社6か月後には社内表彰され、成功事例が社内研修の教材として取り上げられる。

2020年、不登校に関わる専門家との出逢いがきっかけで、
子育て支援、不登校・引きこもり支援に関心を持つ。

親の会やイベントなどで出逢った、
子育て中のお母さん方からの相談を受け、支援者へつなぐ活動を始める。

2021年、認定コミュニケーション・トレーナーの資格を取得。

2022年、子育て中のお母さんが悩みすぎでSOSを出せず、
孤立状態になってしまうのを未然に防ぐ事業として『きずなLabo』を開業。

現在、子育て悩み相談、子育て講座、コミュニケーション能力認定講座、
支援者ネットワークを柱として多くの人と関わりを持ち、
地域全体で子育て中のお父さん、お母さんを
応援する体制づくりに取り組んでいる。

 原 敏子からのメッセージ 

「今日、ここで学んだことを実践していたら、
 あなたのみえる景色が変わっていきます!」

これは、私が2級認定講座を受講したときのトレーナーの言葉です。

当時、私は周りが敵ばかりだと感じていました。
誰も私の話を聴いてくれない。わかってくれない...
そんな状況で受講した2級認定講座。この言葉に私の背中は強く押されました。

そして、私のみえる景色は少しずつ変化していきました。
聴いてくれる!わかってもらえている!伝えられた!伝わった!
「見える景色の変化」それは相手の反応の変化だったのです。

「相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である」

この言葉を軸に私は、「自分のコミュニケーション」を振り返ることがあります。

良かったこともそうでなかったことも...
その都度、コミュニケーションの基礎を振り返る。

そこには新たな気づきや学びがあふれています。
この学びには終わりがない!と私は感じています。

あなたは「コミュニケーション能力は生まれつきのもの」だと思い込んでいませんか?

あなたは「コミュニケーションを基礎から学ぶことができ、
磨けば磨くほどに上達していく」ことを知っていますか?

ご自身の力で周囲との理想の人間関係を創り上げていくために、
あなたができることが、きっとあるはずです。

近々、お会いできることを楽しみにしています。


志・信条(クレド)

私、原敏子は日本教育推進財団の認定コミュニケーション・トレーナーとして、
受講者の気づきと学びの場を安心・安全に提供します。

人間関係やコミュニケーションを良くしたいという方、
お一人おひとりに寄り添うことを大切にします。

それぞれの方が幸せな日常が送れるよう、
人との関わりの中で、自分の言動に責任を持ちます。

自ら学び、実践し、成長し続けることこそが、
真の子育て支援、不登校・引きこもりからの
社会復帰支援につながると信じています。