石本 田鶴子|認定コミュニケーション・トレーナー 協会本部トレーナー - コミュニケーション資格講座・検定|コミュニケーション能力認定協会

ホーム > 認定トレーナー紹介 > 石本 田鶴子|認定コミュニケーション・トレーナー 協会本部トレーナー

石本 田鶴子|認定コミュニケーション・トレーナー 協会本部トレーナー

石本 田鶴子
・株式会社コミュニケーションオフィスtaz 代表
・一般財団法人 日本教育推進財団
 認定コミュニケーショントレーナー
・日本コミュニケーション能力認定協会
 本部トレーナー/上級トレーナー
・HP研究所認定ビジネスコーチ
・大分県立看護科学大学非常勤講師
プロフィール

臼杵市生まれ。その後大分市、別府市を経て東京都で15年間、広告制作会社にて数多くのポスターや雑誌広告制作に携わる。
30代でUターン後、10年間国立病院機構病院に勤務し"医療コミュニケーション"に触れる。

2013年、日本コミュニケーション能力認定協会に師事し、コミュニケーショントレーナーの資格を取得。
2014年、別府市に事務所を設立し、九州内外各方面に向け人材育成、コミュニケーション研修・講座・コーチングを展開。
2016年、PHP研究所認定ビジネスコー チの資格を取得。
2020年、事務所を法人化、「株式会社コミュニケーションオフィスtaz」とする。

 石本田鶴子からのメッセージ 

こんにちは。
コミュニケーションオフィスtazの 石本 田鶴子です。

朝目覚めてベッドから出ると、その日のあなたのコミュニケーションが始まります。
毎日何気なく、当たり前のように取っているコミュニケーション。
そのコミュニケーションの質如何で、あなたの人生の質まで変わるとしたら?
あなたはこのまま何気なく自己流のコミュニケーションを取り続けますか?


「相手に自分の思いが上手く伝わらなかった」
「どうしたら職場でリーダーシップが発揮できるだろうか」
「周囲と信頼関係を築くには?」
「そもそもコミュニケーション能力なんて上げられるの?」

これらのことは、上質なコミュニケーションを身につけることで
解決していくことが可能です。


私は長い間、医療機関に勤務していました。
そこで医療コミュニケーションを学ぶ機会に恵まれ、あらためて人間関係、
コミュニケーションについて深く考えるようになりました。

病院の診察室でドクターに対して、もしもご自身の訴えたいことが
充分に言えなかったとしたら...それは重大な事態に繋がりかねません。
医療コミュニケーションはそれほど重要です。

そして医療現場だけでなく、企業とお客様、上司と部下、家族や友人との関係、
学校の先生と生徒や父兄、その他ありとあらゆる場面でも
上質なコミュニケーションなしでは社会生活はなかなか思うようにはいきません。


「コミュニケーションの質が人生の質を左右する」
世界的に有名なコーチ、アンソニーロビンズが語るように、
ご自身のコミュニケーション能力が上がれば、あなたの周囲は変化していき、
人の輪も広がり、その結果人生の質をさらに向上させることが出来るのです。

このコミュニケーション能力認定講座は、
論理に基づくしっかりとしたパワフルなスキルを、ワークを交え、
他のご参加者とセッションしながら楽しく身に付けることが出来ます。


健康維持に必要な筋力は何歳になってもアップさせることが可能だと聞きます。
コミュニケーション能力もまた同じです。
組織も個人も、もう遅いということはありません。
私がサポートいたします。
ご一緒に始めましょう!
あなたにお会いできる日を楽しみにしています。


講演/セミナー風景 写真1
 ▲ 講演/セミナー風景