最新メディア掲載情報 - コミュニケーション資格講座・検定|コミュニケーション能力認定協会

ホーム > 最新メディア掲載情報
メディア掲載情報

小学館『総合教育技術』6月号に掲載されました

総合教育技術 6月号
『総合教育技術 2012年6月号』(小学館)の取材を
お受けしました。
特集「叱って育てる」に、叱り方の専門として掲載されています。


学校の教育現場では、これまで ベテランと若手の橋渡し役を担ってきた中間層の不在もあり、若手の叱り方に悩む管理職も少なくないとのこと。


そこで、当協会会長 藤崎が若手教師の力を伸ばすシチュエーション別の
上手な叱り方を誌面5ページにわたり、コメントさせて頂きました。

  総合教育技術 6月号特集「叱って育てる」


藤崎 雄三(ふじさき ゆうぞう)
日本コミュニケーション能力認定協会会長

研修ナビゲーターとして育成、ナビゲーターの第一人者として、
経営幹部から若手社員までのコミュニケーション研修や
職場活性化研修などで活躍。

一般財団法人 日本教育推進財団理事、 東京都大田区
教育委員会委員、プロフェッショナルビジネスコーチ

著書に『絶妙な「叱り方」の技術』 明日香出版社



●コミュニケーション2級講座はこちらからご確認下さい
https://www.ca-japan.org/course2.html

●コミュニケーション1級講座はこちらからご確認下さい
https://www.ca-japan.org/course1.html

●関連・・・『総合教育技術』(小学館)ホームページはこちら
http://family.shogakukan.co.jp/ed-extra01_cover/


機関紙に掲載されました(2012年3月22日発行)

機関紙 記事
春は入社や人事異動、引っ越しなど、
新たな出会いの多い季節です。
懐かしい友人と旧交を深める機会も増えます。


そこで日本コミュニケーション能力認定協会より、
主に女性に向けて充実したコミュニケーションが
図れるよう、意識したいポイントを3つに絞り
アドバイスさせて頂きました。


紙面で紹介させて頂いたコミュニケーションの3つのポイント

(1)対話の目的を明確にする
(2)聴く姿勢を大切にする
(3)感情、気持ちを尊重する

これらは現代社会において、
信頼関係や人間関係を築くための必要不可欠な要素です。

女性同士または女性との対話や、物事を決める話し合いの場などで、
意見がまとまらず結論や次のステップが導きだせなかったり、お互いが納得のいく結果には
至らなかった・・・

こういったご経験を多少なりされた方もいると思います。

女性ならではのコミュニケーションの長所も尊重し、その場その場のニーズに応じて
円滑なコミュニケーションを心掛けていきたいものです。

コミュニケーションの大事な基本、そして仕事や家庭、地域で使える実践的な
コミュニケーションスキルを身につけたい方とお考えの方は、一から学んでみませんか。


コミュニケーション能力2級認定講座では、1対1の対人コミュニケーションの基本を
1日で身につける資格講座です。
皆さまのご参加をお待ちしております。


■コミュニケーション能力2級講座の日程はこちらから (東京・大阪・福岡)
https://www.ca-japan.org/course2.html

■コミュニケーション能力能力認定講座とは?
https://www.ca-japan.org/about.html



毎日新聞社『月刊ニュースがわかる』4月号に掲載されました

『月刊ニュースがわかる』4月号
『月刊ニュースがわかる 2012年4月号』(毎日新聞社)に、
当協会会長 藤崎雄三のコメントが掲載されました。

『月刊ニュースがわかる』は、
小中学生向けにニュースを解説する月刊誌で、
分かりやすい解説が読者に受けております。

本誌の特集「友だちってなんだ」にて、
友だちを作るためのコミュニケーション力について
分かりやすくアドバイスしております。


藤崎 雄三(ふじさき ゆうぞう)
日本コミュニケーション能力認定協会会長

研修ナビゲーターとして育成、ナビゲーターの第一人者として、
経営幹部から若手社員までのコミュニケーション研修や
職場活性化研修などで活躍。

一般財団法人 日本教育推進財団理事、 東京都大田区
教育委員会委員、プロフェッショナルビジネスコーチ

著書に『絶妙な「叱り方」の技術』 明日香出版社


●コミュニケーション2級講座はこちらからご確認下さい
https://www.ca-japan.org/course2.html

●コミュニケーション1級講座はこちらからご確認下さい
https://www.ca-japan.org/course1.html

●関連・・・『月刊ニュースがわかる』(毎日新聞社)ホームページはこちら
http://mainichi.jp/enta/book/wakaru/


コミュニケーション能力が第1位。マイナビニュースマガジン掲載

マイナビニュースマガジン 2012年3月号
株式会社マイナビ発行
『マイナビニュースマガジン 2012年3月号』の特集
「不安スキルを集中強化!男を上げるモテ講座。」にて、
コミュニケーション能力認定講座が掲載されました。


誌面では、社会人女子300人が思う
"男性に磨いてほしいスキル"を調査。

その結果、コミュニケーション力が、第1位にランキングされ、
当協会監修のコミュニケーション能力認定講座が
1日でコミュニケーションの基礎が身につけられる講座として紹介されました。

もちろん当講座で学ぶスキルや知識、体験は、男性だけではなく、
たくさんの女性が仕事や人生でのコミュニケーションなど多方面に活用しています。


ご参加される方々は、就職活動中の学生の方、社会人の方、主婦の方、
リーダー、管理職、経営者の方まで幅広く参加をして頂いております。


内容や日程の詳細は、下記のURLよりご確認下さい。

講師とスタッフ一同、お会いできるのを楽しみにお待ちしています。

●コミュニケーション能力能力認定講座とは?
https://www.ca-japan.org/about.html

●コミュニケーション2級講座(東京・大阪)
https://www.ca-japan.org/course2.html

●コミュニケーション1級講座(東京・大阪)
https://www.ca-japan.org/course1.html

●ご参加いただいた方達の声はこちらです。
https://www.ca-japan.org/voice/index.html

●関連・・・マイナビニュースマガジン ホームページはこちら
http://news.mynavi.jp/magazine/01/


エキスパートナースにコミュニケーション能力認定講座が紹介されました

日経ビジネスアソシエ 大人の習い事
2012年1月20日発売のエキスパートナース2月号の
特集「臨床で活かせる!2012年に取りたい資格」にて、
コミュニケーション能力認定講座が掲載されました。

「これまでの経験を資格として形にしたい」
「資格を取ることで、看護の力をアップさせたい」
そんな看護師が取って役立つような"いま気になる"資格として
紹介されています。



コミュニケーション能力認定講座には、
実際に多くの看護師の方に参加して頂いております。

これまでに、ご参加いただいた看護師の方の
声の一部を紹介いたします。


■T.M様(コミュニケーション能力1・2級認定講座受講)

仕事中で時々自分の思いが誤解されて伝わっていることがあったり、
他のスタッフ間でもコミュニケーションエラーがあったりして悩んでいました。
院内のコミュニケーション認定を取得する目的もあり、講座を受講しました。

受講してみて学んだことはたくさんあり、相手に対し、無意識に失礼な態度をとっていたのかも、ということを知ることができました。

そして100%伝わることはない、そのためにはどうすれば良いかの方法が
少しずつわかってきたので、自分なりに実践していこうと思います。

■T.S様(コミュニケーション能力1・2級認定講座受講)

職場のコミュニケーション。
言葉や思いのすれ違いから、仕事に支障が生じたために参加しました。

講座ではゲームによるコミュニケーションミスが発生し、
いかに思い込みによるすれ違いが多いかが解り、対処方法が学べた。
今後は、確認作業を含めて、より相手の立場に立ったコミュニケーションを取っていきたい。

テキストが解りやすく、実践も含めて、体験できた為大変わかりやすかった。


当協会では、
看護師だけでなく、社会人の方から、管理職の方、学生さんから主婦の方まで
コミュニケーション能力を向上させたい方のご参加をお待ちしております。


内容や日程の詳細は、下記のURLよりご確認下さい。

●コミュニケーション能力2級認定講座とは?
https://www.ca-japan.org/about.html

●コミュニケーション能力2級認定講座 (東京・大阪)日程
https://www.ca-japan.org/course2.html
※すぐに日程をご覧になりたい方はこちらからご確認下さい。

●関連・・・エキスパートナース(照林社)ホームページはこちら
http://www.shorinsha.co.jp/magazines/index.html#expert


取材に関するお問い合わせ

当協会への取材等のお問い合わせは、以下よりお問い合わせフォームにてお願い致します。

コミュニケーション、話し方・プレゼンテーション、叱り方、人材育成の
専門として、多数のメディアに掲載のご協力を行っております。

当協会への取材、執筆のご依頼は以下のフォームよりご連絡下さい。
https://www.my-studies.net/form/communication/nfv_121.php

※取材依頼のご連絡の際には、媒体名・企画概要を合わせてご連絡下さい。